2012年05月23日

クルマは人生のパートナー

金環日食だの、スカイツリーだのちまたでは盛り上がっておりますが、現在わたしは人生の転機を迎えていますw



クルマを乗り換えるというのは、特にクルマ好きな人にとっては人生の中で大きなイベントです。

我が人生で3代目の愛車となったRX-8も8月の車検でまる9年となります。


2012_05_12_16_05_43.jpg


たまたま通りかかったディーラーで試乗できますののぼりを見て試乗車を見た瞬間一目惚れ、トントン拍子に契約してしまったのももう9年前。それからいろいろなことがありました。


納車待ちの期間に追加したオプション装備の支払いで販売員と揉め、家に店長までやってきて話し合いをしたこともありました。


走っている途中冷却水が抜けてオーバーヒート寸前までいったこともありました。


エンジンがかからなくて駐車場から出せず、レッカー車を呼んで引っ張ってもらったこともありました。


乗ったらパンクしていたこともありました。


サーキットで他車とぶつかって車体を凹ませたこともありました。


・・・しかし、こんなネガティブな思い出があっても、見た目の格好良さ、ロータリーエンジン、観音開きのドア、どれをとっても惚れ惚れするものばかりで、未だに色褪せることがありませんし飽きることもありません。


このまま大事に乗っていくこともできるんです。



ただ唯一、4速ATということがこの9年ずっと気にしているところでした。

パドルシフトも楽しいし便利で良いのですが、MTにしておけばよかったという後悔の念は拭いきれませんでした。


そして、次の車検を通すとおそらく下取りの値段は付かなくなってしまうでしょう。


そう考えていると、新しいクルマへ乗り換えるという気持ちが強くなってきました。



最初に考えたのはBRZ&86です。しかし普通に購入すれば300万円は軽く超えます。しかもわたしにとってはRX-8の方が全体的な魅力で勝っていると感じるんです。



そこで次に検討したのがRX-8の最終型。実はこの6月でRX-8は生産終了となります。そう、もう二度と新車で手に入れることはできなくなるのです。


ネットで見積りまでしましたが、どう頑張っても300万円代後半。わたしの今の財力だと、一切の遊びを経てばなんとかローン組んでも払っていける金額ですが、そこまでストイックになれる自信がありません。



そこで3番目の選択肢。これまでずっと憧れていたオープンカーを狙ってみてはどうか?



いまマツダロードスターNC1(現行の前期型)は中古でどのくらいで買えるんだろう?とネットで調べてみると、現実的な金額であることがわかりました。


後期型はフロントマスクが好きになれないので前期型に的を絞ってネットを徘徊。これを数日続けました。


そんなある日、わたしが思わずおっ!と声を上げてしまうほどインパクトのあるロードスターが市場に出たのですw


2012_05_13_10_40_01.jpg


(つづく)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56022314

この記事へのトラックバック