2012年07月04日

ステアリングを交換してみた

クルマを買い換えて1ヶ月。この間いくつかパーツを交換してみました。

最初は最も不満だったステアリング。

ナルディのクラシックタイプのステアリングは握りが細いのも違和感があったのですが、それよりもスポークが"10時10分"のところにきているため、巡行しているときにスポークに親指をかけてリラックス運転をするということができないんです。

1336789451_2222_06.jpg

本当はノーマルのステアリングもかっこよくて、それに戻しても良いかなとも思ったのですが、せっかくなので自分の気に入った社外品を探してみようといろいろ物色してみました。

ステアリングの交換は思っているよりめんどうです。ステアリングの根元にはボスというパーツが存在し、これがメーカーによって形が違ったり、ステアリングの形状に合わせてボスの長さを決めないとウインカーやライトのスイッチに指が届かなくなったりしてしまいます。

そこで吟味したあげく、スーパーオートバックスで現物を確認して決めたのが同じナルディ製のスポーツタイプのステアリングでした。

21qD9m5LSJL._SL500_AA300_.jpg

ほーら、親指かけやすそうでしょ?w やっぱこうでなくちゃ。

同じナルディなのでボスはそのまま、ステアリングだけの交換で済みました。

とはいえ、3万円超えのお買い物は今のわたしには厳しいですけどね^^;

2012_06_23_22_41_40.jpg

N820 NARDI(ナルディ)ステアリング NARDI 1[ONE]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56849589

この記事へのトラックバック