2006年06月16日

刻の輪舞曲について思うこと

 わたしは刻の輪舞曲をつくる前、2つのクランを経験した。
それぞれの良さがあり、欠点もあった。両方とも最終的に脱退することとなったが、その時の盟主とは良く話し合い、納得してもらった上で脱退できたと思っている。
 最近、脱退するメンバーが増えているが、脱退についての相談や説明をしてくる人はほとんどいない。メールさえも残していかない人もいる。

 盟主とメンバーとの関係(絆)とは、そんなものだったのだろうか?

 脱退するときにクランに対する不満をぶちまけていく人もいる。大抵はこうだ。昔のようにクラハンが行われない、メンバーがばらばらでPTを誘っても来てくれない、昔の方が楽しかった気がする、昔のように、昔のように・・・。
 誰もクラハンをやってはいけないなどとは言っていない。やりたい人がやればいいのだ。PTに誘っても来てくれないというのも相手の都合を考慮していない一方的な考え方だと思う。それじゃああなたはPTの誘いを断ったことはなかったの?と問いたくなる。

 ちょっと昔話をすると、刻の輪舞曲ができたての頃は経験者と初心者が半々で、経験者の呼びかけに初心者が何の疑問もなくついてきた。盟主のわたしも教えることは元々好きなため、積極的に初心者をクランに勧誘し、PTを組んだ。古くからの友人には「幼稚園の先生は楽しいですか?」と馬鹿にされたものである。
 その初心者達は時と共に経験を重ね、中級者、上級者となっていく。わたしの教えられることは既に何もない。次は教える側の人になるはずである。

 そう、”こちら側の人“になってもらわなければ。

 わたしはそれを期待した。しかしその期待に答えてくれたのはほんの数名で、あとは相変わらず受身の人が多かった。「幼稚園の先生を待つ園児のままでいたい人たち」わたしの中ではこんなイメージとして固まってしまった。
 結局、わたしがINするまでメンバーはばらばら、誰もPTを組んでいないという場面によく遭遇するようになる。これには正直がっかりする。PTに誘うのにもエネルギーがいる。これが毎日となるとだんだんPTに誘う気もなくなる。

 わたしの期待とメンバーの期待するところにずれがあったという事実。

 脱退の話に戻るが、これまでクランに入った日や脱退した日を履歴として記録してきたがそれも難しくなった。いつ脱退したかわからないから。脱退した人についてメンバーにお知らせもしていたがそれもできない。脱退した理由がわからないから。
 こういった脱退が続くと自分のモチベーションが下がる。リネージュUにINする気力がなくなるのだ。INしたとしてもあまり良い場面には遭遇しないし、「こんなことならINするんじゃなかった」と思うこともしばしば。
 よし、今日こそはと思う日もある。しかしその矢先に脱退者が出て寂しい思いをする・・・。
 ここ数日、わたしの中でこのような悪循環が続いている。もう自分ではどうにもならないところまで来ている。

 でも、リネージュUというゲームは好きである。一緒にプレイしてきた仲間も大切である。そして刻の輪舞曲も。

 解散という話も出た。志のある人だけで再結成という話もあった。
 しかし、それではいけないと思う。少なくとも数あるクランの中から刻の輪舞曲を選んでくれて、そのメンバーとしてINしてくれている人がいる限りは。そしてわたしがリネージュUをプレイし続ける限りは。

 では、これからどうするか?

 まず、わたしの思っていることを主要なメンバーに語ろう。そして意見を聞こう。そしてこれからも刻の輪舞曲のメンバーとして積極的にPTを組んでくれる人たちと狩りに出かけよう。昔のようにとは言いたくないが、いつもみんなでいたあの頃のような雰囲気をつくることができれば・・・。

 このクランの行く末を心配してくれている人がいる。今度飲みに行きましょうと誘ってくれるメンバーもいる。

 まだ、終われない。まだ、捨てたもんじゃあないと思う。

 そう思い、昨日、3ヶ月間の課金をした。
posted by toki at 12:54| Comment(12) | TrackBack(0) | リネージュUの話
この記事へのコメント
理想を掲げて何もしない方たちは、そのうち脱退します。理想を掲げて一緒に歩んでくれる方たちは、最後まで頑張ってくれます^^
トキが諦めない限りは・・・。
私は、最後の1人になっても、、ずっとついていきますわ^^
Posted by シス at 2006年06月17日 09:17
う〜ん・・・ 考えさせられますな@@ 特に自分みたいなLV5になって入ったメンバーは尚更です・・ 一度、盟主に言ったことがあります『居心地いいですよ^^』ま、その時は笑い話で終わりましたがその気持ちに変わりはないと思っております^^ ただ、高レベルのメンバーのみなさんにお世話になりっぱなしで、自分よりレベルが10と離れてるメンバーは、職業柄、なかなか誘えませんでした・・ そこで今タンカーを作ってます。(まあ、結局は私利な訳ですが;) ひらひらとの平行は難しいですが、クラハンは大好きなのでみんな楽しいを心がけてやっていきたいと思っております^^ って・・・長w
Posted by ひらひら at 2006年06月17日 23:20
俺が今日脱退してから考えたこと、それはなんで血盟作りたいがままに血盟を抜けたんだろうって・・・よ考えればフェリポでつくればいい話しなんでした(>_<)えとそんなこんなでハインツの気まぐれだったということでまたクランに戻させていただけないでしょうか???
Posted by haintsu at 2006年06月17日 23:51
えとそんなこんなでハインツの気まぐれだったということでまたクランに戻させていただけないでしょうか???
Posted by haintsu at 2006年06月17日 23:52
トキさんがいってることはすごくわかるのですけれど、、私には、そんな器がなかったのですょ、
メールをよこすこともできずに申し訳ありませんでした。ただただ、私は逃げたくてしょうがなかった、どうやって戻せばいいのかどうやったら、みんなと一緒に遊べるのかな?
経験地を追い求めすぎてる人たちが多いような気もします。楽しくどこか高レベルのところでも、とおもうのですが結局ドワじゃ、何もできないこの現状が、さらに痛かったのです、そのうえ壁と行動するようにがんばったけど、ローブ装備1着しかないわたしにはどうすることも、
なので、ローブを売ってFPAを買おうとか散々悩みました。そして、私は私のいけないところをロブスターさんに言われて、ズシンときたのですょ、
私はわがままなのですよ。いろんな人たちに止められました、でも、私は、、

っと、結局最後まで私の事しかいわない、今みたいに・・どうか許してください
よければ、友達登録とかさせていただいたらうれしいです。
Posted by カナリス at 2006年06月18日 11:56
えと俺はカナさんがわがままじゃないと思うな〜=ω=まぁカナさんはカナさんの個性がありますo(^-^)o俺はカナさんのそんな所が可愛いく、いい所だと思います。気にしなくてもいいんですよo(^-^)o自分の事がわかった???らぜひ刻の輪舞曲に戻ってきて下さいm(__)m
Posted by haintsu at 2006年06月18日 19:11
カナさん、アタシはカナさんとも一緒に狩りしたいと思ってレベル上げ一生懸命やりました。
42になったので、もう一緒に遊べますよね^^
ドワさんでなければできないこと、あります。
素材探しの旅、一緒にしませんか?作りたいアイテムあります。そしてクランのみんなに分配するの・・・戻ってきてくれてもいいし、友達登録でもいいです。連絡待っています。
Posted by マチルダ at 2006年06月27日 00:08
こちらでは昔俺がやったことについて謝罪させてもらいます。
え〜、俺は一回刻の論舞曲を脱退しました。しかしその時は、トキ姉さんに何も言わずに去ってしまった・・・
こういう風にトキ姉さんが苦しみ悩む事とは知らずに脱退してしまったこと・・・
自分の勝手な都合でぬけたこと・・・
その時の事を今ここで謝りたいです。
ほんとにすいませんでした。

・・・あんまりキャラ的にあってないかな?真面目にいうと^^;
まあ明日からまた害っぽく逝きます!!
ではでは^^ノシ
Posted by フォルリンケ at 2006年07月10日 23:18
お疲れ様です Kです 覚えておられますか? リネレボが始まり 刻のクランを探してしまいました あの頃は楽しい時間を過ごさせて頂き 有り難う御座いました 又 狩りにでも飲みにでも誘ってくれたら 嬉しいです 今はバーツでkts01 で狩りをしてます 会えたら 嬉しいです
Posted by KTS at 2017年09月03日 21:36
こんなところにコメント残すなんてw
KTSさんおなつかしゅうございます。オフ会で初めて会ったときのインパクトはいまだ忘れられませんw
わたしもリネレボやってます。もうすぐレベル50です。
グレシア鯖でTOKIeです。「刻の輪舞曲」血盟もつくりました。誰も勧誘してませんがw
Posted by TOKI at 2017年09月04日 11:24
お疲れ様(。*・д・。)ノ  グレシア鯖 始めました TOKIワ のくらん 入ってます
宜しくお願いします
Posted by KTS01 at 2018年03月06日 22:51
おいーーー!このコメント見つけてたらサーバー合わせて盟主と一緒に遊びたかったのに!
Posted by ひらひら at 2018年09月04日 02:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/852984

この記事へのトラックバック